■FXをはじめてみましょう

インターネットで行う投資法として根付いたのは「FX」の存在が大きいです。
FXは「外国為替保証金取引」、「外国為替証拠金取引」とも呼ばれています。
簡単に説明すれば、外国の通貨を売買して利益を出す取引のことです。

自宅にパソコンがあり、インターネットが繋がっていれば気軽にできる投資法ということで爆発的な人気を誇っています。
現在はスマホの普及率もあり、携帯電話でも投資ができる時代になりました。
その元祖的な存在がFXです。

よくニュースや新聞などで「現在の為替相場は”1ドル/100円”になります」という言葉を耳にしたことはありませんか?
これは現在の米ドルと日本円の価値を表しています。

例えば、為替相場が”1ドル/100円”であれば1万円をドルに換金すれば100ドルが手元に来ます。
この状態で1日後には”1ドル/110円”に為替が変動した場合、手元の100ドルを日本円に換金すれば1万1千円が手元に来ることになります。
つまり、為替変動によって1000円の利益が出たことになります。

この為替変動を先読みして利益を出す投資法が外国為替取引というものです。
FXはこの仕組みをパソコン上でシンプルにやり取りできるシステムのことを言います。

リスクは株と一緒でハイリスク・ハイリターンのタイプ。
損切りがとても重要になるのも株と一緒です。
株ほどのリスクはありませんが、FXも欲張らずに損切りのボーダーラインをしっかりと決めておくことがリスク回避につながると思います。